無理をしない。自然体ブログ

一瞬一瞬を大切に。40代の転職活動から日常のこと・独り言までをブログに

フェルスタッペン ポールポジション!!

F1 ハンガリーGP

レッドブルのフェルスタッペンが自身初のポールポジションを獲得。

93度目の挑戦でやっと、ポールポジション獲得。

 

予選で一番早かった称号、ポールポジション。

 

彼の能力を考えると、もうすでに獲得してもおかしくなかったが、やっと獲得することができました。

 

 

ポールを獲得するためには、3つが必要です。

1、チーム力(マシン と エンジン と スタッフ運営力)

2,ドライバー

3、運

 

だと思います。

 

1、チーム力(マシン と エンジン と スタッフ運営力)

・マシンのセッティングがコースにあった状態に調整できた。

・マシンの調整がいいから、タイヤの扱い方もよくなった。

・エンジンのセッティングもコースにあった調整と信頼性があった。

・チームが予選タイムが出せるように、渋滞(コースにたくさんの車がいない)タイミングをさけた適切な判断ができた。

 

2,ドライバー

・この数戦のレースで、ドライバーも成績もよく流れがいい。

・1のチーム力がいいから、マシンやチームを信頼している。

・自信をもって、予選を迎えるだけの状態にあった。メンタル面がいい。

 

3,運

・ライバルチームとの差はほとんどないだけに、1,2 の条件が一番いいドライバーが獲得できる。

 

 

だからこそ、過去の予選で何度かチャンスがありながら、チーム力 か ドライバー が噛み合わず、93戦たった昨日の予選でようやくポールポジションを獲得できました。

 

どれだけ能力があるドライバーでも、チーム力がないマシンでは、どうしようもありません。これは、そのドライバーの運もあります。

 

反対に、同じチームにいる、同じマシンにのる、カズリーは、予選6番手。

本人もかなり、焦ると思います。

チームメイトは、ポールポジション、予選1位だからです。

 

現実、焦っていることもあるのか、流れが非常に悪い。

 

昨年、姉妹チームであるトロロッソでの活躍もあり、レッドブルでのいろいろなドライバー人事(ここでは、省略)で、今年、レッドブルに昇格しました。

 

ここまではよかった。

カズリーとすれば、F1でわずか2年目で、トップチームのレッドブルのチームでF1マシンをドライブできるのですから。

 

本当は、トロロッソでの成績は活躍はしつつも、決して、すぐに他のトップチームから声をかけてもらえるだけの、皆が納得できるほどではありませんでした。

 

開幕までにチームの信頼を失うことをしてしまった。

レッドブルというトップチームまで、昇格できたまではよかったですが、それが災いしてか、シーズンがはいるテストシーズンで、2度の大きなクラッシュをしてをマシンを壊し、満足なテストを迎えることができなかった。

 

このことで、マシンの完成度が完全ではなかった。

チームの計画していたテストを十分、こなすことができなくなった。

 

信用回復をねらう 成績しかない!

そのことが、チームから信用を失う結果なり、シーズン入っても、結果残したいばかりか、焦りがリタイヤとなり、チームメイトとの差が大きくひらいてしまった。

 

やはり、同じチーム、同じマシン で 二人ドライバーの成績がひらくと、焦りが加わり、流れまでも味方してくれない。

 

しかし、カズリーにもがんばってもらいたい。

 

もとにもどり、決勝がんばれ!

話の方向がずれましたが、レッドブル、ホンダ、そして、フェルスタッペン、初ポールおめでとう!

 

後は、決勝レースでの ダントツの優勝を祈るのみ。できれば、レッドブル、ワンツーで!