無理をしない。自然体ブログ

一瞬一瞬を大切に。40代の転職活動から日常のこと・独り言までをブログに

ポイントリーダー ハミルトン の 意地

F1ハンガリー グランプリ 決勝(暫定)

 

1位 ハミルトン/メルセデス
2位 フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ
3位 ベッテル/フェラーリ
4位 ルクレール/フェラーリ
5位 サインツ/マクラーレン・ルノー

 

10位入賞した ホンダ勢

・6位 ガスリー/レッドブル・ホンダ
・10位 アルボン/トロロッソ・ホンダ  でした。

 

ポイントリーダー ハミルトン の 意地 

  • さすがでした ハミルトン。この2戦の フェルスタッペン と チーム レッドブル・ホンダの勢いをとめる勝利でした。
  • ハンガリーグランプリを終えると、F1の世界でも夏休み、少しばかりのレースがない期間があります。
  • 予選までの フェルスタッペン と レッドブル・ホンダ の勢いをとめた ハミルトン。押さえどころをよくわかってます。
  • 決勝、3位からスタートした ハミルトンですが、2位のチームメイトである ボッタスを意地でもかわして、2位になったこと。
  • ここでかわすことができたか、できなかったで、レースの展開が大きくかわりました。
  • この展開があってこそ、二人の一騎打ちができました。
  • そして、チーム力。フレキシブルに作戦を変更してくるメルセデス。
 
挑戦者である フェルスタッペン と チーム レッドブル・ホンダ への王者としての意地をみせてくれた、楽しい、どきどきするレースでした。
 
夏休み後の後半戦がますます 楽しみになってきました。