無理をしない。自然体ブログ

一瞬一瞬を大切に。40代の転職活動から日常のこと・独り言までをブログに

2020年も安泰か レッドブル・ホンダ

どうやら、

 

2020年 の  フェルスタッペン と レッドブル・ホンダ 

の 関係は継続されそうだ。(今のところ)

 

来年も レッドブル・ホンダ に フェルスタッペン が乗ってくれる。

 

 

契約は、もともと 2020年 までの 2年。

 

2020年も、契約は存在するが。

F1の契約の世界。こまかな条件がたくさん、紐付いていると言われている。

チームとドライバーとの契約の世界なので、詳細は全くわからない。

 

しかし、今シーズン

信頼性の乏しい信用もなくなったルノーにかえて、ホンダエンジンを搭載。

 

姉妹チーム、トロロッソでのホンダの情報を基に、ホンダエンジンに切り替えた

レッドブル。

 

近年のF1は、エンジンメーカーがチームを設立して参戦している。

メルセデス、フェラーリ、ルノーがエンジンも他のチームに供給はしつつも、自らもチームを参戦している。

 

レッドブルは、そういう意味では、エンジンメーカーではないので、どこかのエンジンを使用するしかなく、今までルノーエンジンを搭載して参戦していた。

 

しかし、ルノー は チームがある。

 

いろいろ平等に取り扱うといいながらも まずは 自らのチームが優先となる。

 

その不平不満が ホンダ への 切り替えとなった。

 

勝つためには、チームのために一緒に戦える ホンダしかなかった。