無理をしない。自然体ブログ

一瞬一瞬を大切に。40代の転職活動から日常のこと・独り言までをブログに

まさかの交代劇 レッドブル・ホンダ

まさかの交代劇

 

シーズン中盤に、ドライバー交代!

レッドブル の ガスリー と 姉妹チーム トロロッソ の アルボンの交代を発表した。

 

レッドブル と トロロッソ は 姉妹チーム。

 

他のF1チームでは、ここまで明確な姉妹チームはない。

 

同じような、チーム関係では、フェラーリ と アルファロメオ かもしれない。

しかし、ここまで関係が深くない。

 

 

ドライバーの契約は、すべて レッドブルが管理している。

 

 

2チーム×2名 だから 4名のドライバーと契約していて。

※控え候補のドライバーもいるから更に1名から2名ドライバー契約している。

 

 

F1で、開幕から出場している ドライバー4名。

 

レッドブルでは、この4名を成績次第で、簡単にチーム内で入れ替えをしてしまう。

過去にも実績がある。

 

レッドブルで今ひとつの成績で苦しんでいるガスリーを最後まで辛抱して今シーズンは戦わせると思ってましたが。

 

まさか、まさかのドライバー交代です。

やっぱり、やっぱりの交代劇です。

 

 

今年からF1に昇格したばかりのアルボン

の起用です。

 

 

もちろん、アルボンの

トロロッソでの彼の成績は、与えられたマシンで

それなりのレース運び、結果を残しています。

 

 

しかし、

今年に下位のカテゴリーから上がったばかりのドライバーをシーズン途中からトップチームへ。

なかなかできない判断です。

 

 

個人的には、ガスリーの成績、レース運びは寂しいものがありますが、

 

交代させるまでの成績でもなかったと思っていました。

 

なぜなら、

ガスリーも今年から、トロロッソからレッドブルに昇格したばかり。

 

チームにも、車にも慣れる必要があった、一年目です。

 

トップチームであるレッドブルにとっては、結果を要求するのはよくわかります。

 

しかし、我慢できないほどの、ガスリーを信用できなかったのでしょう。

 

 

開幕から最近までの成績の不振は、

 

ときには、ガスリーは!

 

マシンのどこかがおかしいとのコメントがよくありました。

 

チームメイトは、優勝もふくめ、ほとんど上位での入賞している。

 

だから、自分は、早いドライバーなのに、

なぜ、同じような成績が残せない。

マシンがどこか、おかしい。

マシンに差別があると、チームに対して、

不満に近いコメントもあり。

 

チームも、ガスリーに対して不満が。

 

このチームメイトとの成績の差が、

我慢しきれなかったことも理解はできます。

 

 

しかし、我慢して使ってほしかった。

 

 

このF1の世界が厳しい、結果がすべてであることはわかっていますが。

 

 

レッドブルという、ドライバーを4名契約できている仕組みが、思い切ったドライバー交代を実現してしまいました。とても残念です。

 

 

一方で、トップチームのチャンスを得た、アルボン。

 

 

何かを持っている ドライバーの空気があります。

やってくれそうな気がします。楽しみです。

 

頑張れ!アルボン!

 

頑張れ!ガスリー!