無理をしない。自然体ブログ

一瞬一瞬を大切に。40代の転職活動から日常のこと・独り言までをブログに

40代の転職活動中。たくさん応募してるんですね。

たくさんの人が応募してるのを知り、

現実を、厳しさを感じています。

 

転職活動をはじめて、もうそれなりの時間が
経ちました。


スタート方法は、本当にこれでよかったのか。
今となっては、何が正解かわかりません。


しかし、

現実、このような方法で今日に至りました。
10月中には、転職活動を終えるのが目標。

 

はじめた当初は、数ヶ月後には新しい仕事をしていると
思っていましたが、現実は甘くありませんでした。

 

私の転職活動の戦術も甘かったかもしれません。
しかし、次の会社は妥協もできません。

 

妥協できないといいながらも、

こちらも会社を選択します。会社も人材を選択します。

 

複数の求人もあれば、空いたポジション、

 

求人は 1席。

マネジメントの枠は1席。

 

例えば、

 

定年の方がでて、空席になる場合。

そのポジションの担当者が転職が決まって空席になる場合。

組織変更であたらしいポジションができた場合。

などなど。

 


ここに、人気企業、条件がいい企業は、
いろいろな転職サイトから この1席のために競争です。

 


1社の転職サイトから、50名の応募があっても。

 

もし、この企業が、転職サイトに3社依頼していれば、
単純計算ではありますが、

 

3社 × 50名 = 150名 

 

約150名の応募があるということになります。
こんな単純な応募人数じゃないかもしれませんが。

 

150名が、本気かどうか別として、

気になり面接にすすめるかどうかわからないから。

 

まずは、書類審査を通過すべく、募集にエントリー

してきます。

 


不正解かもしれませんが、正解かもしれないのが現実です。

 

企業に予算がある、人事がしっかりしていて戦略がとれている
企業は、転職サイト大手に、ほとんど同時に求人を出している
ケースがあります。

 

実際に、今、いろいろなサイトに登録していると

その企業の募集戦略が見えてきます。

同時に何社にも声をかけ、依頼をかけていることを

知り得ることができます。

 

転職サイトによって、ポジションをわけている会社も

あります。

 

これも、数ヶ月、いろいろな転職サイトをみてて、

いろいろな会社を見ていると、不思議なことに見えて

きます。

 

また、

 

ある転職サイトには、社名を隠していることもあります。

 

しかし、内容を見ていると、ほとんど記載内容が

同じなので、その企業名はわかります。

 

 

だから、自らが登録している 転職サイトから、
50名の応募がありましたと情報を入手すれば、

 

場合によっては、

 

他社の転職サイトを含め、

3倍、4倍の人数が応募している

ことも考えてた上で、

 

勝ち残れるか。

 

つまり、書類選考を通過し、面接にいけるかになります。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村