自然体に豊かに生きる。ありのままブログ

30年以上見ているF1、大好きなコーヒー、40代の転職活動経験談をはじめ、副業挑戦、日常のことや独り言等を一瞬一瞬を大切にしたいブログです。

F1 2019シンガポールグランプリ 決勝を終えて独断解説2

f:id:auop1972:20190829131327j:plain

F1 2019シンガポールグランプリ 決勝を終えて 勝手解説2 

 

 

レッドブル・ホンダ 

 

まさか、まさか、想定外のシンガポールグランプリ。

  

このシンガポールグランプリでの勝利を目指して、後半戦を戦っていたレッドブル・ホンダ。

  

ここに、予定外のチームが現れます。フェラーリです。

  

ちょっとしたことで、流れはかわるものです。 

2連続での勝利から、ここでもフェラーリが勝利を手にしました。

  

レッドブル・ホンダにとっては、低中速コースのシンガポールグランプリは、マシンとの相性からみて、勝利できる得意なサーキットの一つとしていました。

 

 

チームも 「ここで勝ちにいく。」「勝ちにこだわる。」

との強気の自信があるコメントも多数あがっていました。 意気込みはすごいものがありました。

  

エースドライバーのフェルスタッペンもここで勝利を狙っていました。

後半戦のサーキットの中で、最も勝利の可能性が高いサーキットと認識していたからです。狙ってました。

  

ただ、同じく低中速コースを得意とするメルセデスとの一騎打ちは覚悟はしつつも、必ずメルセデスに勝ってみせるとの意気込みでした。

 

 そんな中、シンガポールグランプリは開幕しました。

 

 

初日のフリー走行では、

予定通り、想定内でのタイムを重ねて、順調にスタートしていきました。

フェルスタッペンも満足した走りができて、「いける!」と思っていました。

コメントでもご機嫌でした。

 

 しかし、2日目 予選で大きな変化が。 

 

まさか、まさかのフェラーリが脱落することなく、苦手なはずの低中速コースのシンガポールに強さを発揮してきたからです。

 

 

初日の走行データから、マシンのセッティングも修正し、タイムが伸びるはずの2日目になっても、レッドブル・ホンダは、フェラーリほどのタイムアップができない状態。

  

なぜだ、なぜだとチーム内で迷走している間に予選となり。

  

 

方向性を見失ったレッドブル・ホンダは予選での手応えなく、フェラーリに完敗。

 

 

決勝においても、作戦ミスをしたメルセデスにだけには勝って、3位表彰台をなんとか獲得しました。 フェラーリに挑戦するだけの力もなく、やっとの3位。

  

結果としての3位には、満足しつつも。

  

それは、フェラーリに完全に敗北した結果として受け入れる3位であって。当初の勝利を狙いにいったチームとしては、完敗。想定外の結果。かなりのショックでした。

  

後半戦にはいり、3連勝となったフェラーリの復活にメルセデスを含め、レッドブルにとってもやっかいなチームが復活したなという感じです。

 

レッドブルにとっては、チームの勢いを失いかねない、危機感となったシンガポール

グランプリとなりました。 

 

次戦のロシアグランプリ。 

 

そして、ロシアグランプリの後は、鈴鹿 日本グランプリにむけてますます、どんな展開なるかわからなくなるフェラーリの躍進でもありました。 

  

ちょっと心配です。がんばれ、レッドブル・ホンダ。  

鈴鹿  日本グランプリレッドブル・ホンダのワンツーフィニッシュを夢見て。 

   

予想外 その2

輝きがなかったマシンたち。 

 

シンガポールグランプリでは、夜間の照明にマシンが光り輝くと以前、ブログに記載したのですが、レッドブル と フェラーリは、マシンの塗装がつや消しだったため、

以前よりも美しさはありませんでした。ちょっとがっかり。

レッドブルは、昨年もつや消しタイプ。

  

そのかわりに、一部のドライバーのヘルメットが、ナイトレース用にピカピカタイプを使用してました。

  

来年は是非、フェラーリは昔の塗装タイプに戻してもらいたいです。真紅のフェラーリナイトレースには、とても美しさがあります。

 

次戦、ロシアグランプリでの3チームがどんな戦い方をするのか、楽しみです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読者登録をお願い致します。