自然体に豊かに生きる。ありのままブログ

30年以上見ているF1、コーヒー、40代の転職活動経験談、副業挑戦、日常のことや独り言等を一瞬一瞬を大切にしたいブログです。

F1 2019ロシアグランプリ 初日解説 

f:id:auop1972:20190829131327j:plain

F1 2019ロシアグランプリが開幕した。

 

初日フリー走行。

 

 

フェラーリ

チームとして3連勝のフェラーリは、強力なエンジンとマシンバランスがよくなった空力パーツを武器に順調に周回を重ねています。

 

ここロシアグランプリも注目チームです。不安点は、二人のドライバーの精神的なところでしょうか。

 

チームが二人のドライバーをコントロールできるかどうかかもしれません。

予選、決勝でチームからの指示を無視なんてありえそうです。ロシアでのルクソールの行動に注目です。チームプレイ無視があるか?

 

 

 

レッドブル・ホンダ

新品の最新スペックエンジン4を投入。年間の使用エンジン数を超えています。

そのため予選後、ペナルティ対象になります。グリッド降格は確定しています。

  

それでも、予選・決勝にむけてフェルスタッペンはいい感じでマシン調整がすすんでいるみたいです。エンジンも調子よく。 

 

前回シンガポールでは、2日目予選で方向性が狂いました。

思うようなセッティングができず、タイムが伸びませんでした。

  

シンガポールでの不可解なことが同じようなことがないように願うばかりです。

 

 

ちょっと不安材料

レッドブル・トロロッソ両チームとも最新スペック4エンジンになってからマシントラブルが発生しています。

  

エンジン自体にはトラブル原因はないといわれていますが、エンジン周辺の機器になんらかの影響がでています。

  

ロシアでは、アルボンとクビアトにトラブル発生。クビアトは前回のシンガポールでも

トラブルが発生しています。

 

 

大切なところでトラブルが発生しないか気になるところです。原因究明が急がれます。

 

 

メルセデス 

ちょっと不気味です。もともと初日は存在感を出しません。フェラーリ、レッドブルが注目される中、地道に、確実に、プログラムを消化するメルセデス。

 

 ただ、メルセデスもエンジンにはわずかながら不安があります。不安材料も問題なくクリアになっていれば、やはり、このチームも明日の動向が気になります。

  

フェラーリに負けてばかりいられないという危機感を感じられるので。ここでは勝ちに

こだわってくると思われます。不気味なメルセデス、注目してみていきたいと思います。

 

 

最後に ロシアグランプリの注目ポイントは、

 

  • 4連勝となるかフェラーリ
  • ベッテル VS ルクソール
  • メルセデス逆襲、存在感出せるか
  • ホンダエンジンとマシンとの相性、信頼性確認
  • (鈴鹿にむけて不安材料がないか)
  • ルノーのエンジンは本物か,好成績につながるか
  • アルボン VS カズリー
  • 母国レースのクビアトの最後尾からのレース運び

 

を観ていきたいと思います。 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読者登録をお願い致します。