無理をしない。自然体ブログ

一瞬一瞬を大切に。40代の転職活動から日常のこと・独り言までをブログに

40代の転職 一通のメールが

f:id:auop1972:20190829131327j:plain

転職活動を開始して2ヶ月の間に転職サイトに

エージェントさんを通じて登録し、ネットから

直接登録をして、5社ほど登録を終えました。

 

 

その間にも、いろいろな企業に応募をかけて、

たくさん書類審査で落ちたり、一次面接や筆記試験等

を受けたりと転職活動は少しではありますが前進して

いました。

 

 

しかし、前進はしているものの採用にまでに

はたどりつけず。

苦戦しているのは間違いありませんでした。

ときどき焦りも感じていたのは間違い

ありませんでした。

 

 

こんなにたくさん応募をかけても書類審査で

あっけなく落ちる。

一次面接をしても落とされる。

 

 

このまま採用してくれる企業はあるのか。

今まで私なりに一生懸命、仕事をしていたと

思ってましたが。

 

 

転職となると全く私のことを知らない人

には何も評価もされず。

どの会社からも、社会からも必要と

されていないのではと自信も

なくなり。自分自身を見失いそう

にもなりました。

 

 

転職を決意し、家族に応援され、

家族のために次の会社を

探さなければなりません。

時には自分自身を見失い、

時には家族の支えに助けられ

奮起し、再就職を探すべく

日々の転職活動をしていました。

 

 

そんな中、転職サイトのE社から

一通のメールが。

 

 

それもE社のいつも担当していただいて

いる人ではなく、まったく別の方からの

メールでした。

 

 

メールを詳しく見ていると転職サイトの

E社で法人を専門に担当をしている別の

部署のエージェントさんからでした。

 

 

その方から、私に一社、ご紹介をしたい

企業があるとのことでした。興味があれば

返信くださいとも書いてありました。

 

 

その方は、通常の転職サイトでの

エージェントさんとは違い、法人担当

としていろいろな企業から個別に求人の

依頼をうけて、その求人にあうような

人材を探しては声をかけてくれると

いうものでした。

 

 

なので、通常の転職サイトを通じては

その会社の求人はネットには掲載

されていません。

 

 

偶然にも私がその転職サイトE社で

登録をしていたので、登録者の中から

その担当者がいろいろ調べている中で

私を見つけ出してくれたのでした。

 

 

業務内容に興味があったので、私は一度

その方にお会いして今回の求人の内容を

確認しつつ、求人を出されている企業

さんの求められている人物像、面接

対応などアドアイスを受けつつその

企業に応募することにしました。

 

 

まずは書類審査を通過し、そして

一次面接に進むことができました。

 

 

ただ、その求人を出している企業は

転職サイトのE社だけではなく

複数の転職サイトの会社に求人を

出していたそうです。

おそらく私を含め5名ないし6名は

応募していたみたいです。

 

 

残念ながら、あっさり一次面接で落ちました。

 

 

企業情報を集めている中で、離職率が

高い会社だとネットなどの

情報がありちょっと不安ではありました。

 

 

そして、面接で訪問した時の会社の

雰囲気はいい感じではありませんでした。

 

 

面接官も役員だったらしく、他で面接を

受けた中では一番横柄な感じの人でした。

なぜ私が面接しないといけないのかと

いいたいような表情が顔にでていた方でした。

 

 

エージェントさんから面接後の先方の

からのコメントがかえってきました。

はじめて会って面接しただけなのに

コメントが人格を否定するような、

よくここまでコメントを書いてくる

のかなって思えるほど、怒りを超える

ような内容でした。

 

 

離職率や上司が部下に対しての対応が

ひどいと書いてあったネットの情報を

信用したくなるほどでした。

やはりそんな会社だったのかと。

 

 

今更ではありますが、世の中やっぱり

こんな企業がまだまだあるんだなって、

いい社会勉強になりました。

 

 

あっさり一次面接で落ちて残念では

あるものの、今思うと落ちてよかったなと

思っています。

例え採用されても半年もいなかったと思います。

 

 

転職活動を続けていくなかで、別の

担当者から直接、求人を紹介してくれる

ことも経験しました。

 

 

また転職サイトのネット情報にはない

企業からの個別の求人があって、それを

専門にあつかっているエージェント

さんがいることを知り、またこのような

案件がくればいいなと思いながらこの後、

転職活動を続ける日々がしばらく続きました。