自然体に豊かに生きる。ありのままブログ

30年以上見ているF1、大好きなコーヒー、40代の転職活動経験談をはじめ、副業挑戦、日常のことや独り言等を一瞬一瞬を大切にしたいブログです。

F1 はじまりました 人事異動2021

F1 はじまりました 人事異動2021 

f:id:auop1972:20190825115544j:plain

海岸イメージ

お題「#おうち時間

 

 

こんにちは、AKIRA(アキラ)と申します。

いつもご一読いただき誠にありがとうございます。

 

 

 

動きだしたドライバー市場

 

 

今年にはいり、今季まだレースがないので、F1のブログがほとんどアップできない状態でした。新型コロナウイルスでは、どんなスポーツ界もどうしようもありません。F1ともなれば、世界を転戦するだけに、さらにハードルが高くなるのは仕方がありません。

 

 

気をゆるめてはいけないのかもしれませんが、一部の国によっては、段階的に野球などのスポーツも解禁となっているので、F1もぜひ、開催にむけて万全な準備をすすめてもらいたいものです。

 

 

ここ数日は、フェラーリ ベッテルの離脱決定から、ドライバー市場の情報がたくさん流れるようになりました。

 

 

まだベッテル離脱以外では、注目されるドライバーの正式発表はなされていませんが、噂だけでも、先行して、いろいろブログにすることができるのは、本当に、今後のF1を見ていく上で楽しみなことです。同じネタばかりになってましたら、すいません。

 

 

今シーズンがもし、はじまっても、移籍が決定しているドライバーが、交渉中のドライバーが、どんな今シーズンをレースをしていくのか、そんな違う視点で、レースの見方をしてもレースがますます面白くなります。

 

 

今年の契約交渉では、トップチームのほとんどが、まだ正式発表には、なっていません。

 

f:id:auop1972:20200514184244j:plain

F1 レッドブルイメージ

レッドブルのアルボンも来期は安泰かと思っていますが、今回のトライバー市場での動き次第、そして、今シーズンレースができた場合の成績次第では、チーム降格もないともいえません。カズリーのように。レッドブルは、評価に厳しいので。

 

 

個人的には、レッドブルは、安泰だと思っています。変更はないとよんでいます。

 

 

昨日から、いろいろなF1情報サイトを見ていると、どうも、繰り返しになりますが、

 

 

フェラーリ:サインツ

マクラーレン:リカルド

 

 

で落ちつきそうです。

 

 

www.blog-shizentai.com

 

 

ベッテルの選択肢

 

 

そして、いったい、ベッテルの選択肢は、どうなるでしょうか?

 

おそらく、4通りかなって思っています。

 

 

  1. マクラーレン
  2. ルノー
  3. メルセデス
  4. 引退

 

が考えられます。なかなか、これ以上の選択肢はありません。驚きもない四つの可能性です。

 

f:id:auop1972:20200514184357j:plain

F1 イメージ

では、今回は、ルノー移籍の可能性

 

ベッテル、ルノー移籍の可能性について、ご紹介したと思います。

 

 

まず、リカルドは、おそらくフェラーリ移籍は難しく、また、ルノー残留もないでしょう。

 

 

ルノーチームとしての将来性、来期のチーム力を分析しても、リカルドは、ルノーからの離脱だと思います。

 

 

そして、来期メルセデスエンジンを積む、マクラーレンに移籍でしょう。メルセデスエンジンがあるマクラーレンは、とても魅力的です。

 

 

ルノーに移籍する前には、結果実現しませんでしたが、マクラーレンとの契約交渉もしたことがあるので、今回こそは、スムーズに契約交渉は進むと思います。

 

 

となると、ルノーの1席があきます。

 

 

今後、ルノーチームの存続という問題は、はらみますが、ルノーとしては、ベッテルが、レッドブル時代にルノーエンジンでたくさんの勝利をおさめ、ワールドチャンピョンになった、ベッテル獲得をめざすことは十分考えられます。話の展開としては、いいストーリーです。ルノー上層部を説得しやすい。

 

 

やはり、勝利を経験しているドライバーを一人はチームには、いてほしいものです。

 

 

現状からの脱却。トップチームへ改革するには、勝利経験があるドライバーが必要です。トップのドライバーが。やはり、ベッテルを獲得すべきと考えます。

 

 

ただ、リカルドがチームの限界、将来性がないと感じたルノーです。来期のルノーが躍進するのは、非常にむずかしいと思います。今年のテストもマシンのポテンシャルは、イマイチでした。

 

 

そんなチームにモチベーションをもって、ルノーに行く決断ができるのか、チームからの条件提示次第かと思います。

 

 

お金だけの問題ではなく、契約期間でもなく、ベッテルをどれだけ、ルノーチームが欲しているのかの「熱意」ともいいますか。それが必要です

 

 

ベッテルが来期、どのような選択をするのか、もう少し時間がかかるかもしれませんが、このように移籍先を勝手に想像しているのも、長年F1を見ているものとしては、楽しい時間です。

 

皆さんのドライバー市場予想は、どうですか?

 

 

ご一読いただき誠にありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読者登録をお願い致します。

 

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 ライフスタイルブログ・テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

www.blog-shizentai.com 

www.blog-shizentai.com