ありのまま自分らしく豊かに生きる自然体ブログ

30年以上テレビ観戦しているF1、コーヒー愛飲家、40代の転職経験談、副業・稼ぎ方、日常出来事・観察・おすすめ・雑記等を一瞬一瞬を大切にしたいブログです。

スズムシ飼育 観察日記 5月20日 

f:id:auop1972:20190829131327j:plain

イグアスの滝

 

 

こんにちは、AKIRA(あきら)と申します。

訪問いただき、誠にありがとうございます。

  

 

■スズムシ飼育 観察日記 5月20日

 

本日のご報告は、今年も スズムシ が生まれました。

 

昨日は、1匹でしたが、もう1匹 いるのを発見しました。

 

 

今日は、隠れてしまって、写真に収めるのに失敗しました。

 

次回、写真も掲載できるようにしたいとおもいます。

 

 

 

さらに1匹確認となると、おそらく来週には、

 

10匹以上、生まれているかもしれません。

 

もう一つの飼育ケースは、まだ発見できていないので、

 

こちらも期待してまちたいとおもいます。 

 

 

 

 

■スズムシ飼育 観察のきっかけ

 

住んでいた近くの方が、

 

鈴虫を飼っていて、

 

おすそ分けいただいてから、鈴虫を飼っています。

 

そんなことから、

 

気がつけば、もう 6年か、7年、鈴虫 を育てています。

 

 

  

 昨年11月13日に最後の1匹がしんでしまいました。

 

飼育ケース2つには、たくさんの卵が産み付けられていました。

 

それからは、飼育ケースの清掃もしつつ、卵が孵化できるよう、

 

適度な水分をあたえながら、越冬し、

 

 

 

昨日、スズムシを1匹確認。そして、本日、さらに1匹 発見。

 

 

昨日は、1匹でしたが、もう1匹 いるのを発見しました。

 

 

 

 

さらに1匹確認となると、おそらく来週には、

 

10匹以上、生まれているかもしれません。

 

もう一つの飼育ケースは、まだ発見できていないので、

 

こちらも期待してまちたいとおもいます。 

  

 

 

■昨年は、5月27日にブログに掲載していました。

 

昨年は、ブログ 5月27日 に 

 

スズムシが生まれた内容を記載していたようです。

 

1年の早さ、時間の経つのが早い。。こわいです。

 

 

 

昨年のブログです。

 

www.blog-shizentai.com

 

 

 

鈴虫


内容/説明

鈴虫は、バッタ目コオロギ科の昆虫。

大型の日本産コオロギ科昆虫である。

古くは「マツムシ」と呼ばれるなど、双方に混同があった。 


学名: Meloimorpha japonica
目: バッタ目
分類階級: 種
種: スズムシ H. japonicus
亜目: キリギリス亜目 Ensifera
科: コオロギ科 Gryllidae

 

引用参照:スズムシ - Wikipedia

  

 

もっと孵化することを願って!

 

最後まで、ご一読いただき誠にありがとうございました。

 

 

koshiki-tsuhansite-mori.com

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読者登録をお願い致します。

 

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 ライフスタイルブログ・テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活