Natural (ナチュラル)

Natural (ナチュラル)は、疑問・悩み・知識・問題・解決・F1・サイト情報など様々なカテゴリーを取り扱い、人々に有用な気付きを与える目的で運営されているWEBサイトです。

【PR】本ページはプロモーションが含まれます。

気になる 「+ 683 ニウエ」からの電話の対処方法は?

f:id:auop1972:20210913223058j:plain

  

posilife-blog.com

 

■気になる 「+ 683 ニウエ」からの電話の対処方法は?

 

「+683 ニウエ」 というところから国際電話がかかってきている話を聞き、「+683 ニウエ」からの電話はどういうものなのか気になりました。


そこで今回は、気になる 「+ 683 ニウエ」からの電話の対処方法について調べていきたいと思います。

 

 


■「+683 ニウエ」は国際ワン切り詐欺です。

 

詐欺電話です、国際電話は無視しましょう。

 

海外から見たこともない番号からの着信があった。

「+683 ニウエ」は、国際ワン切り詐欺とよばれる詐欺です。

 

表示された番号に、かけなおす(折り返す)と、国際通話料金の請求が届くというものです。

 


■「+683 ニウエ」とは。

 

「+683 ニウエ」の ニウエとは、オセアニア東部にある立憲君主制の国家です。

 

ニュージーランドの北東にあるニウエ島を領土となっています。また、ニウエは、世界で2番目に人口が少ない国家です。

 

 

■着信があってもでないでください。折り返ししないでください。

 

スマホに海外から知らない番号から着信があった。

 

ワン切りがあった。

 

これは「国際ワン切り詐欺」とよばれるものです。

 

折り返して電話してしまい、高額な国際通話料金の請求が届き、トラブル、被害が発生しています。


海外からの電話を意味する「+○○○」。

 

3年前から海外からの見慣れない電話がかかってきたとのTwitterなどの媒体で不安の声が飛び交っています。

 

ニウエ以外にも、ベナン、韓国、フランス、ナウル共和国など、「+○○○」の調べないとどこの国かわからない海外からの電話が突然かかってきます。

 

尚、日本は、「+81」これが 国際電話の国番号になります。

 

 

■国際ワン切り詐欺のながれ

国際ワン切り詐欺は、発信元の国の電話会社にかかわっている関係者と、国際ワン切り詐欺の犯行グループが結びついているとのこと。

 

そして、

 

無作為に選定した電話番号に「ワン切り」で電話をして、着信があった被害者が折り返しで国際電話をかけてしまうと、後に高額な国際電話の通話料金が発生し請求されるもの。

 


発信元の電話会社に支払った一部の電話料金が、犯行グループに流れる仕組みになっています。

 


■長時間国際電話をさせる手口について

通話時間を長くする方法で、折り返して電話すると音声が流れることで時間かせぎをするケースも。

 

また、

 

アンケートなどの音声がながれて、数字のボタンをいろいろ選択している間に、国際電話の通話時間が長時間となるケースも。

 

 

■国際ワン切り詐欺の対処方法

 

1)「+○○○」は国際電話なので、日頃、国際電話がかかってくることがなけれは、無視しましょう。

 

また、折り返し電話もしないように、無視しましょう。

 


2)スマホ機能によって、着信時間が短いものは、着信履歴を表示しない機能がついている機種もあります。その場合は、有効にその機能を設定しましょう。

 

 

■最近の不審な国際電話の着信

 

国際ワン切り詐欺の電話番号(国番号)の一例です。

 

「+683」(ニウエ)等から始まる不審な国際電話の着信

「+33」(フランス)等から始まる不審な国際電話の着信

「+674」(ナウル)等から始まる不審な国際電話の着信

「+676」(トンガ)等から始まる不審な国際電話の着信

「+236」(中央アフリカ)等から始まる不審な国際電話の着信

「+266」(レソト)等から始まる不審な国際電話の着信

「+685」(サモア)等から始まる不審な国際電話の着信

「+226」(ブルキナファソ)等から始まる不審な国際電話の着信

「+679」(フィジー)等から始まる不審な国際電話の着信

 


上記以外からも、様々な国番号から国際ワン切り詐欺があるようです。

 

 


■まとめ 気になる 「+ 683 ニウエ」からの電話の対処方法は?


ということで、

気になる 「+ 683 ニウエ」からの電話の対処方法についてまとめてみました。

 

あやしい国際電話には、出ない。そして、折り返さないことが大切です。


それでは、最後まで御覧いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

gourmets-style.com

 

room.rakuten.co.jp

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読者登録をお願い致します。

 

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 ライフスタイルブログ・テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活