無理をしない。自然体ブログ

一瞬一瞬を大切に。40代の転職活動から日常のこと・独り言までをブログに

今週のお題「わたしと乗り物」

今週のお題「わたしと乗り物」

 

今回は、飛行機について。

 

社会人になってから。

仕事で、関西と関東を結構、行き来することがありました。

 

 

その時は、年間100回以上、飛行機に乗ったような気がします。

 

 

どちらかで、週に3日仕事して、

どちらかで、週に2日仕事する。

 

 

そして、休日。そんな1年間。

 

 

伊丹空港 と 羽田空港 の 約1時間。

 

 

年間100回以上、飛行機に搭乗していると、

フライトアテンダントさんで記憶に残っている人を

見かけることもある。

当たり前のことかもしれない。

年間、100回以上だったから。

 

 

新幹線ではなく、飛行機か。

 

それは、

せっかちな性格だからかもしれない。

 

 

新幹線よりも、飛行機の移動の方が好きかもしれない。

空港まで移動も面倒だけど。

 

それと、仕事で飛行機にすると、仕事の時間に

対してとてもシビアになる。

最終便は、移動時間を考えると要領よく仕事を

しないといけないからです。

 

新幹線だと、ちょっと考え方が甘くなる。

最終電車に時間の余裕があるからです。

 

 

席は、

 

必ず、通路側 を希望してました。

すぐに出られるということが一番の理由かもしれません。

 

 

席が後ろしか手配できなかった時どうしますか?

 

あきらめて、そのままの席にしていませんか?

 

慣れてくると、ギリギリで席の状態を確認して、

キャンセルの席が見つかれば、その席に変更して

後ろの席から、前へ前へと席を変更していました。

 

 

ただ、金曜日の羽田から伊丹の便は、満席が多かったから。

なかなか思うように席の確保や、席の変更はできなかった

ことを思い出します。

 

 

仕事が長引いた時にあわてて、モノレールにのって

ギリギリ、あせって搭乗したこともありました。

 

 

 

わずか、1時間のフライトでの楽しみは、

 

ドリンクサービス でした。

 

なぜか、前から、ゆっくりドリンクサービスがはじまって

なかなか、こない、まだか、まだかの じれったい時間。

 

通常のソフトドリンク以外に、時々、かわったソフトドリンクを

提供してくれる時もあって。私は、柑橘系が好きでした。

それがささやかな楽しみで。

 

 

悲しいときは、天候が悪く。

安全上、ドリンクサービスがないときも。

 

 

旅行じゃない、仕事での飛行機。

わずか1時間でも、何か楽しみというか、楽しみを見つけて

飛行機に乗る。

 

私はなぜか、寝れない。

 

何かにワクワクしてるのでしょうか。

離陸、着陸、フライトアテンダントさんの仕事の様子。

などなど。

なぜか、疲れていても、飛行機では寝れませんでした。

 

 

今は、年間100回なんて、あり得ない。

年間2回かもしれない仕事。

プライベートでも、飛行機に乗るチャンスもなく。

 

久しぶり 飛行機に 乗りたくなってきました。