無理をしない。自然体ブログ

一瞬一瞬を大切に。40代の転職活動から日常のこと・独り言までをブログに

コーヒー の好み。

f:id:auop1972:20190927090441j:plain

コーヒーの好みについて。

先週、あるカフェでおすすめのコーヒーを豆のまま300g購入しました。はじめて行くお店で、はじめてコーヒー豆を購入する時は、必ずといってそのお店のオリジナルブレンドと、期間限定があればその両方を購入するようにしています。理由としては、オリジナルブレンドは店内でコーヒーを注文するとおそらくそのコーヒー豆を使って提供しているに違いないと思っています。その店のオーナーがこだわるお店の味。オリジナルブレンドのコーヒーを購入しています。

 

 

まずは店内でブレンドコーヒーを注文し飲んでみて、気にいった味と思えば自宅のコーヒーの在庫を考えてから購入するか、購入しないか考えるようにしています。しかし、遠方でなかなかこのお店に来ることもないようであれば、ちょっと無理して300gから500gぐらいのコーヒー豆を豆のまま購入しています。

 

 

約1ヶ月ぐらいの期間に、夫婦二人で平日や週末にコーヒーを飲むことを考えて、楽しめる程度の量にしたい。何度か飲んでみて、自分の中で印象を残す上でも300gぐらい購入すればいいかなって思ってこの量にしています。

 

 

コーヒーの好み。昔からコーヒーは嗜好品といわれ、個人個人で好みはバラバラ。個人的には今までおいしいと思うのはいつも、「苦味があり」「後味がすっきり」しているコーヒーが一番好きです。苦味と後味すっきりは、なかなかバランスが難しい。相反する味覚。苦味が強すぎると後味も深く残ってしまって、後味すっきりになりにくいです。今回購入した期間限定のコーヒー豆は、「酸味」重視だったため満足できませんでした。なぜか、酸味を「植物特有の臭み」と感じてしまうので満足できないでいます。これは私個人の味覚の問題ですが。もちろん、酸味がお好きな方にはとても満足できるコーヒーだと思います。しかし私にとっては、この酸味が受け入れられない。せっかく自宅でゆっくりコーヒーを楽しむために購入してコーヒーを飲もうとしているのに残念で仕方がありません。

 

 

そう思いながら、いつも苦みのあるコーヒーを購入しようと再認識するのですが、はじめてのお店に行ってコーヒー豆を見ているとついつい「期間限定」の表示に弱く、または、「好みのコーヒー豆に出会うかもしれない」と勝手に想像して、そのコーヒー豆を購入するという繰り返しです。進歩がありません。苦味があり後味すっきりのコーヒー豆に出会う事があれば最高の幸せです。

 

苦味と酸味のバランス。そして後味のよさ。

これからも、ここにこだわっておいしいコーヒーとの出会いを楽しみたいと思います。