Natural (ナチュラル)

ありのまま自分らしく豊かに生きる自然体ブログ

スズムシ飼育 観察日記 10月1日 寂しさも

f:id:auop1972:20190829131327j:plain

イグアスの滝

 

こんにちは、AKIRA(あきら)と申します。

訪問いただき、誠にありがとうございます。

  

 

8月に掲載をしてから、スズムシについては掲載していませんでした。

久しぶりの掲載になります。

 

 

■スズムシ飼育 観察日記 10月1日

 

8月上旬にスズムシたちも成長がピークとなり、8月中は、ときには家中がうるさすぎる鳴き声に。

 

 

ときには、いい音色に感じる日々。

そして9月も終えてしまいました。

 

 

100匹近くいたスズムシたちも、20匹ぐらいまで減りました。

 

 

もうオスは5匹ぐらいしかいないので、音色もわずか。

朝型に少し聞くことができる程度です。

 

 

そして、スズムシたちもみんな、おじいちゃん、おばあちゃんになってしまって。

 

 

音色もかすれるような時もあります。

音色に若々しさがないのです。

 

 

これから、ますます減ってきて、今年のスズムシたちともお別れがありますが、11月上旬まで例年、数匹は生きているので、引き続き観察をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

■スズムシ飼育 観察日記 今年も生まれました。

 

今年も スズムシ が生まれました。

 

 

おそらくこのままでは、 二つの飼育BOXで、

100匹以上、生まれているかもしれません。

 

 

 

 

 

■スズムシ飼育 観察のきっかけ

 

住んでいた近くの方が、

 

鈴虫を飼っていて、

 

おすそ分けいただいてから、鈴虫を飼っています。

 

そんなことから、

 

気がつけば、もう 6年か、7年、鈴虫 を育てています。

 

 

  

 昨年11月13日に最後の1匹がしんでしまいました。

 

飼育ケース2つには、たくさんの卵が産み付けられていました。

 

それからは、飼育ケースの清掃もしつつ、卵が孵化できるよう、

 

適度な水分をあたえながら、越冬し、

 

 今年も無事、スズムシがうまれました。

 

ホッとしました。

 

 

 

 

■本日(最新) 撮影のスズムシ

 

 

f:id:auop1972:20210929093717j:plain

スズムシ飼育 観察日記 10月1日

 

 

100匹近くいたスズムシたちも、20匹ぐらいまで減りました。

 

もうオスは5匹ぐらいしかいないので、音色もわずか。

朝型に少し聞くことができる程度です。

 

そして、スズムシたちもみんな、おじいちゃん、おばあちゃんになってしまって。

 

音色もかすれるような時もあります。音色に若々しさがないのです。

 

これから、ますます減ってきて、今年のスズムシたちともお別れがありますが、11月上旬まで例年、数匹は生きているので、引き続き観察をしていきたいと思います。

 

でも、今年も、たくさんタマゴが土の中に。来年も、スズムシ観察、継続できそうです。長いお付き合いとなりました。

 

 

 

■昨年は、5月27日にブログに掲載していました。

 

昨年は、ブログ 5月27日 に 

 

スズムシが生まれた内容を記載していたようです。

 

1年の早さ、時間の経つのが早い。。こわいです。

 

 

 

昨年のブログです。

 

www.blog-shizentai.com

 

 

f:id:auop1972:20210525124313p:plain

 

鈴虫


内容/説明

鈴虫は、バッタ目コオロギ科の昆虫。

大型の日本産コオロギ科昆虫である。

古くは「マツムシ」と呼ばれるなど、双方に混同があった。 


学名: Meloimorpha japonica
目: バッタ目
分類階級: 種
種: スズムシ H. japonicus
亜目: キリギリス亜目 Ensifera
科: コオロギ科 Gryllidae

 

引用参照:スズムシ - Wikipedia

  

 

もっと孵化することを願って!

 

 

 

最後まで、ご一読いただき誠にありがとうございました。

 

  

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読者登録をお願い致します。

 

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 ライフスタイルブログ・テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活