Natural (ナチュラル)

ありのまま自分らしく豊かに生きる自然体ブログ

いまさら 気になる「缶コーヒーはなぜ硬いスチール缶に入っているの?」について教えて!

f:id:auop1972:20210913223058j:plain

posilife-blog.com

 

 

■いまさら 気になる「缶コーヒーはなぜ硬いスチール缶に入っているの?」について教えて!


コンビニや自販機のドリンクで昔からある「缶コーヒー」

 

いろいろな種類の缶コーヒーが販売されています。

 

最近は容器もペットボトルも販売されていますが、定番はやはりスチール缶が多いかと思います。

 

なぜ缶コーヒーは、硬いスチール缶で売っているのが多いのか気になりました。


そこで今回は、いまさら 気になる「缶コーヒーはなぜ硬いスチール缶に入っているの?」について調べていきたいと思います。

 

 


■缶コーヒーはなぜスチール缶に入っているのか?について


結論からいうと

 

高温でまた高圧で殺菌するには、硬くて丈夫なスチール缶がベストだったため、昔から缶コーヒーはスチール缶になっています。

 

コーヒー以外にも、お茶類や紅茶も缶コーヒーと同じで、中味を缶に入れてから加圧、そして高温で殺菌する方法をとっています。

 

そのため、強度が必要なスチール缶を使用しています。

 

 

 

■アルミ缶が使えるように

 

強度の関係から、丈夫なスチール缶を使用していましたが、現在は、技術の進歩によって、スチール缶の缶コーヒーやお茶類、紅茶にする必要もなくなり、アルミ缶でも問題なく使用(製造)できるようになってきています。

 

 

 


■まとめ


いまさら 気になる「缶コーヒーはなぜ硬いスチール缶に入っているの?」について教えて!についてまとめてみました。

 


・高温でまた高圧で殺菌するには、硬くて丈夫なスチール缶がベストだった。

・現在は技術の進歩によってアルミ缶でも製造できるようになった。

 


ということでした。

 

少しでも、皆さんの疑問が解消されることを願っております。

 


その他にも、いまさら 気になることについての記事に詳しくまとめてみたので、こちらもぜひ、御覧ください。

 

 

www.blog-shizentai.com

 

www.blog-shizentai.com

 

 

 

 

それでは、最後まで御覧いただき誠にありがとうございました。

 

 

www.blog-shizentai.com

 

gourmets-style.com

 

room.rakuten.co.jp

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読者登録をお願い致します。

 

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 ライフスタイルブログ・テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活