自然体に豊かに生きる。ありのままブログ

30年以上見ているF1、大好きなコーヒー、40代の転職活動経験談をはじめ、副業挑戦、日常のことや独り言等を一瞬一瞬を大切にしたいブログです。

F1 来期ドライバー人事が水面下で動きだす

F1 来期ドライバー人事が水面下で動きだす

f:id:auop1972:20190829131327j:plain

イグアスの滝

今週のお題「会いたい人」

 

 

F1 2019 - PS4

F1 2019 - PS4

  • 発売日: 2019/09/19
  • メディア: Video Game
 

 

こんにちは、AKIRAです。

本日も昨日につづき、F1ブログです。

 

 

来季のフェラーリドライバーは?

 

5月も中旬となり、水面下では、やはり契約交渉がすすんでました。

ベッテル、フェラーリ離脱のニュースは、これからの他のドライバー契約に大きな影響をもたらすと思います。

 

ただ、ただ、残念なことは、やはり、今シーズンのレースが行われていない中で、チーム、ドライバーが来季の交渉を開始するしかなかったことです。

 

このままでは、7月ぐらいから今シーズンが開始される可能性はあるものの、今までのF1のドライバー契約では、これからの成績をみて契約を進めるには、かなり遅い展開だと思われます。今年を特例とみてくれるのか、みないのか。

 

ドライバー と チーム との来季の契約の駆け引きが、今もなお、交渉が重ねられています。

 

レースをして、成績次第では、ベッテルの契約も流れがかわっていたか、わかりません。もちろん、レースをしていなくても、チームから最初に提示された契約内容に、ベッテル自身が、チームへの信頼を失ったかもしれません。

 

今は、ベッテルが、来年のフェラーリのシートには、おさまっていないことだけです。

 

では、そのトップチームであるフェラーリの空いた1席は誰がとなります。

昨日のブログでは、候補者はおそらく2人だと思われます。もちらん、いろいろな情報をみていると4人から5人は候補がいますが、個人的には、2人かな。

 

  • マクラーレンなら、サインツ
  • ルノーなら、リカルド

 

 

の両ドライバーがフェラーリの候補者として、あがっています。

 

昨日から、本日までのいろいろな情報サイト、個人的な過去の経緯を思い出していくと、

 

 www.blog-shizentai.com

 

来季フェラーリドライバー予想は、サインツ です。マクラーレンからの移籍です。 

 

 

 

理由としては、フェラーリチームとしては、ルクレールのNo1ドライバーとして、チームのリーダーとして考えています。

 

 

それを可能にしたのは、ルクレールが昨年、勝利をおさめたからです。例え、トップチームであっても、ルーキーに近いドライバーが勝利をおさめることは、そう簡単なことではないのです。

 

 

ルクレールが、チームの柱となり、それをサポートできるドライバーは、サインツしかいません。F1の豊富な経験があるサインツであっても、来季、またフェラーリという、新しいチームに移籍1年目になるわけです。まずは、チームに慣れ、マシンに慣れる必要があります。

 

 

来季、いきなり、ルクレールを上回るだけの実力を発揮してくれれば、楽しみでもあります。若手2人のドライバー体制が一番いいのではないかと思います。サインツは、過去にフェルスタッペンとも、同じレベルで戦える実力がありました。

 

 

f:id:auop1972:20200512185007p:plain

F1フェラーリ イメージ

 

リカルドは不利!

 

 

 

リカルドのフェラーリへの移籍は、少し不利だと思っています。理由としては、リカルドは、勝利を求めています。ワールドチャンピョンになるために、トップチームに、勝利を求めて、フェラーリにいきたいのです。

 

 

しかし、さきほども触れましたが、フェラーリは、ルクレールをリーダーにしてチーム改革をすすめていきたい。そんな中に、経験豊富、勝利経験もあるリカルドが加わる場合、チームでの二人のドライバーの立ち位置を明確にしてあげることが、必要不可欠になってくるのです。

 

 

リカルドは、同等の待遇を求めてくるでしょう。もちろん年俸もそれなりに必要です。確実に、サインツよりは、お高い年俸です。

 

 

はたして、リカルドが、ルクレール中心になりつつあるフェラーリに、いろいろな面で妥協できるのか。私は非常に難しいと思っています。

 

 

もし、フェラーリがリカルドとの契約をまとめられた場合、リカルド自身もかなりの覚悟をもって、チーム入りするということになります。レッドブルで、移籍に追い込まれたような苦い経験をまたフェラーリでも繰り返すのか、見どころです。

 

フェラーリのシートは、本当に魅力的です。誰もが憧れるシートだから。

 

 

わずかな可能性がある、リカルドですが、私は、ルノー残留か、マクラーレンへ移籍とみています。まさか、メルセデス?

 

 

ベッテルの移籍先がわからなくなりました。

 

 

ご一読いただき誠にありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読者登録をお願い致します。

 

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 ライフスタイルブログ・テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

 

www.blog-shizentai.com

 

2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 Blu-ray版

2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 Blu-ray版

  • 発売日: 2020/01/30
  • メディア: Blu-ray