無理をしない。自然体ブログ

一瞬一瞬を大切に。40代の転職活動から日常のこと・独り言までをブログに

F1 鈴鹿日本グランプリ 決勝を終えて

f:id:auop1972:20190829131327j:plain

 

F1 鈴鹿 日本グランプリを決勝を終えて

 

 

今年の鈴鹿は波乱の連続でした。

 

 

まずは台風の影響で、鈴鹿で過去にもあった土曜日予選の開催を取りやめて中止に。

 

 

 

関東を中心に大きな被害をもたらした台風19号。レースの事故の可能性、危険を回避したことと、観客席のお客さんの安全を第一に考えた上で運営側も適切な判断をされたと思います。

 

 

どうしても世界で多くのファンがF1を見ていて、テレビ放映にはたくさんのお金が動きます。できれば予定通りF1を開催したい。運営したい気持ちのようなものがあります。

 

 

しかし、大きな自然災害を巻き起こす台風というものはどんな大きな被害をもたらすかわかりません。今回の被害を受けられた関東の方々の一日もの普通の生活にもどられることを願うばかりです。

 

 

土曜日での予選はできませんでしたが、日曜日の午前に予選ができただけによかったとお思います。

 

 

過去の鈴鹿にはドラマが幾度もありました。雨のレースも何度かありました。確か土曜日の中止もあったような。

 

 

 

うれしいドラマ。

感動的なドラマ。

悲しいドラマ。

 

 

今回はホンダのホームレース。ホンダエンジンを使う4人のドライバーが1人でも表彰台にあがる。そんな光景を願っていました。しかし、台風によるスケジュールが変わっただけにエンジンを含めたきめ細やかなセッティングができなかった。そして、フェラーリやメルセデスの開発力がレッドブルよりもはるかに上をいっていた。ここまで開発力で突き放されるなんて想定を超えていました。ホンダの思い、願いは鈴鹿には結果として届きませんでした。F1の勝負の世界の厳しさを改めて感じる次第です。

 

 

決勝は、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンがリタイヤする形になり、誰も表彰台にホンダエンジンユーザーの他の三人もあがることができませんでした。

 

 

来年の楽しみとして。来年こそは。楽しみは来年への持ち越しです。

 

 

ブログが久しぶりすぎて。今日はここまでに。すいません。