無理をしない。自然体ブログ

一瞬一瞬を大切に。40代の転職活動から日常のこと・独り言までをブログに

F1 ブラジルグランプリ 決勝

f:id:auop1972:20190829131327j:plain

F1 ブラジルグランプリが開催されました。

 

 

F1も残り2戦となり、その1戦でもある

ブラジルグランプリ。

いろいろなドラマがあるかもしれないと希望を

持っていました。

 

 

やはり、ドラマがありました。

うれしいドラマが。

ホンダエンジン搭載チームによる

ワン・ツーの上位表彰台。

 

 

それも、

レッドブル と トロロッソ の両チームで

1位と2位を獲得するドラマがありました。

 

 

F1ブラジルグランプリでのホンダエンジン

は強かった。標高が高いサーキットではなぜか

ホンダエンジンは他のエンジンメーカーより

いいエンジン出力を出すようです。

 

 

しかし、

ホンダエンジンだけが強くても、簡単に

上位にはいけないのがF1。

マシンのセッティングもよくまとめあげたのが

よかった。

 

 

そして、

トロロッソのガスリーは決勝レースでの運までも

味方にしました。

シーズン途中でレッドブルから信用を失い

降格させられ、もともと所属していた

トロロッソにもどりましたが、落ちぶれることもなく、

もどってからは、予選も決勝も安定した走りをしていました。

 

 

トロロッソのマシンとの相性もよかったのかもしれません。

しかし、トロロッソは、トップチームではありません。

 

 

ホンダエンジンを搭載しているとはいえ、

レッドブルと同等なタイムは出せない。

チーム力は落ちます。

野球でいうと一軍と二軍という関係です。 

 

 

トップ10までの実力はチームにありました。

そんな中、ブラジルグランプリでは上位が

いろいろなアクシデントやドラマがあり、

上位のマシンがいなくなる中、安定した走りで

上位を狙っていたガスリー。

 

 

その一瞬のチャンスを得て、F1にきて

はじめての表彰台2位を獲得しました。

今までは4位が最高位でしたから。 

 

 

チームも、過去にフェラーリのベッテルが在籍

していた時にこのトロロッソで優勝をした以外

での上位入賞となりました。

 

 

それも、今シーズンはチームメイトのクビアトも

3位表彰台を獲得しているので、トロロッソに

とって特別なシーズンとなっています。

 

 

今年は、昨年のレッドブルのパーツをいろいろと

取り入れ、リアのエンジン周辺のパーツは、

今年のレッドブルと大きな違いはないとも

いわれています。

レギュレーションに違反にならない範囲で

パーツをレッドブルから供与されているマシンです。

 

 

そして、ホンダエンジンも信頼性もあり、チームは

安定した成績をあげていました。

今回のブラジルグランプリの2位。

努力を重ねてきたトロロッソにとって、

大きな大きなご褒美となったと思います。

 

 

中堅チームの活躍。最近のF1ではなかなか

実現できない状態だっただけに、トロロッソの

ようなチーム、そのチームのドライバーが

表彰台にあがれる姿をみることができて本当

にうれしい限りです。

 

 

次戦で最終戦となります。

 

 

どんなドラマが待っているのか

また楽しみが一つ増えました。