無理をしない。自然体ブログ

一瞬一瞬を大切に。40代の転職活動から日常のこと・独り言までをブログに

F1 レッドブル・ホンダ

f:id:auop1972:20190829131327j:plain

F1 レッドブル・ホンダの今年のマシンが発表されました。

 

 

毎年この2月の発表されるニューマシンを見るのがワクワクして楽しみでなりません。

発表用のマシンには、本来のマシンに取付けるパーツを隠している場合があります。

事前に他のチームに今年のマシンの特徴を知られたくないからです。

 

 

しかし、大まかなマシンのコンセプトは隠しきれません。このマシンを見ただけでも今年の成績を予想する。予想するのが楽しみでなりません。

 

 

今年の注目するマシンの一つ、レッドブル・ホンダ。

 

 

発表されたマシンを見ると昨年のマシンの進化型ではあるものの、細部までシンプルかつ、ボディワークがしっかりと絞りこまれた、すっきりしたマシンになっていると思います。素人目でみても、今年も期待できるマシンに見えてきます。うれしい限りです。

 

 

昨年は、テストでカズリーが肝心なところでクラッシュしてしまい、マシンを大破したため、テストが不十分でした。テストができなかったことで、フロントウィングの完成度が悪いことを解消できないままシーズンに突入。フロントウィングのレギュレーション変更にレッドブルがうまく適用できなかったこともあり、前半戦が満足できる成績を残すことができませんでした。

 

 

しかし、後半戦ではマシンも改良が成功し安定感も増したシーズンとなりました。今年はレギュレーションが大きく変更がないだけに、昨年のマシンの反省点をどこまで改良して今年のマシンに反映してきたのか、テストもふくめて今年を占うことが楽しみでなりません。ホンダエンジンも進化が楽しみです。

 

 

 

昨年はレッドブルにとって、ルノーからホンダへエンジンを変更した年だったため、ホンダエンジンの信頼性の不安もある中、ルノー時代とほとんどかわらない成績を収めることができました。

 


今年は、エースドライバー、フェルスタッペンとホンダが王者のメルセデス、そしてハミルトンに挑戦する楽しみなシーズンがもうすぐやってきます。

 

テストでの開発が順調に進み、開幕からいい成績をおさめてほしいと期待しつつ。