自然体に豊かに生きる。ありのままブログ

30年以上見ているF1、コーヒー、40代の転職活動経験談、副業挑戦、日常のことや独り言等を一瞬一瞬を大切にしたいブログです。

F1 F1 2020 新カレンダー予想 

F1 F1 2020 新カレンダー予想  

f:id:auop1972:20190829131327j:plain

イグアスの滝 

 

 

おはようございます。AKIRA(アキラ)と申します。

いつもご一読いただき誠にありがとうございます。

 

 

 

 

F1 2020のシーズンは、いったいどうなるのか?

 

新型コロナウイルスの封じ込めに、世界全体が取り組んでいる中で、ヨーロッパの一部や、日本も含め、次第にスポーツ競技も再開の動きが活発になってきました。

 

しかし、F1の場合、どうしても世界各国を転戦するだけに、現時点でも各国の開催にむけて、むずかしい交渉をかさねているのが現実です。

 

暫定のF1 2020 新カレンダー予想となりますが、5月中旬時点での情報をもとに、スケジュール予想をご紹介いたします。

 

 

 

2020年 F1 新カレンダー予想(暫定版)

 

  1. 7月05日 オーストリア グランプリ
  2. 7月12日 オーストリア グランプリ
  3. 7月26日 イギリス グランプリ*1
  4. 8月02日 イギリス グランプリ*2
  5. 8月09日 ハンガリー グランプリ
  6. 8月23日 スペイン グランプリ
  7. 8月30日 ベルギー グランプリ
  8. 9月06日 イタリア グランプリ
  9. 9月20日 アゼルバイジャン グランプリ
  10. 9月27日 ロシア グランプリ
  11. 10月04日 中国 グランプリ
  12. 10月11日 日本 グランプリ
  13. 10月25日 アメリカ グランプリ
  14. 11月01日 メキシコ グランプリ
  15. 11月08日 ブラジル グランプリ
  16. 11月22日 ベトナム グランプリ
  17. 11月29日 バーレーン グランプリ
  18. 12月06日 バーレーン グランプリ
  19. 12月13日 アブダビ グランプリ

 

f:id:auop1972:20200514184244j:plain

F1レッドブル イメージ

 

日程予想について

今シーズン開幕は、7月のオーストリアグランプリ

レッドブル のお膝元です。ここから今シーズンの F1 2020 を開幕させたいと、F1関係者 と オーストリア国 との交渉が重ねられています。

 

それも、今シーズンの特例になるかと思いますが、2回開催 にむけての交渉です。

 

 

F1ルール 1カ国、1開催

 

F1のレギュレーション、つまり開催ルールがあり、「F1の開催は、1カ国で、1開催」 定められています。

 

今シーズンは、さすがに、このルールの適用はむずかしく、年内にレース数をどうしても増やしたい思惑もあり、1カ国、2開催 も視野にいれています。

 

過去に、日本では、F1が2回開催 されたこともありました。集客がみこまれていたからでした。

 

その時は、1回目は、パシフィックグランプリ という名前で、岡山での開催。そして、2回目は、日本グランプリ として、鈴鹿での開催という裏技を使いました。グランプリ名をかえての開催でした。

 

また、イタリアでは、サンマリノグランプリ と イタリアグランプリ という方法で2回開催。これも、実際は、両方ともイタリアなのですが、隣国のサンマリノ共和国という形で、1カ国で2開催したこともありました。

 

 

今回は、特例の特例です。

今年、予定していた一部の国では、今年のF1開催を認めない、受け入れないことを決めています。

 

 

それでも、どうしても、レース数を増やしたいF1関係者にとっては、2開催にふみきるしかないということになっています。

 

 

その候補が、オーストリア、イギリス、ドイツ、バーレーン です。

 

 

イギリス グランプリは、微妙

 

7月下旬と、8月上旬で、2開催にむけて交渉はしているものの、イギリスに入国し、検査、隔離期間等の問題で、解決にむけて大きな壁があり、今もなお、交渉が次第にむずかしい局面になっているとのことです。

 

やはり、イギリス国内に、様々な国籍のF1スタッフを入国させることに、どうもすんなりいかないとの情報が有力です。例外はせず、入国すれば、一定期間の隔離を求めているようです。

 

イギリスグランプリの開催ができない場合、スポーツ活動に前向きな動きとなっている、ドイツ グランプリ が代替案として有力となっています。可能性が高くなってきました。

 

F1文化の象徴でもある、歴史あるイギリス。多くのF1のチームの本拠地でもあるイギリス。もしイギリスでレースができないければ、すこし残念ではあります。少々寂しいものです。

 

個人的には、高速サーキットでもある、シルバーストーンサーキットが好きなので、開催を期待したいです。

 

f:id:auop1972:20200512214041j:plain

F1 マクラーレン イメージ

 

どうなる 日本グランプリ

現時点では、予定通り10月開催にむけて、準備を進めている日本グランプリ。場所も、東京からはなれた鈴鹿という場所ということもあり、緊急事態宣言もとけたことから、鈴鹿での開催は、F1の歴史においても、是非、開催したい思いが強いとのことです。それも、観客をいれて。

 

ただ、新型コロナ 第二波が、秋には、再び活発化するとも言われているので、5月中旬という現在での希望として名前があがっています。開催できることを信じて。

 

 

まとめ

あくまで、5月中旬時点での、新型コロナウイルスの各国の状況をみた、開催スケジュールではあるので、秋に、どのような展開になっているのか、はたして今シーズンは本当に開幕できるのか、1開催、1開催、本当にむずかしい、判断が必要だと思います。

 

希望をもちたい。2020が、予防に万全な体制で1レースでも開催できることを願い、今後の情報を待ちたいと思います。

 

ご一読いただき誠にありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読者登録をお願い致します。

 

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 ライフスタイルブログ・テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

 

www.blog-shizentai.com 

www.blog-shizentai.com

     

*1:代替案 ドイツ グランプリ

*2:代替案 ドイツグランプリ