自然体に豊かに生きる。ありのままブログ

30年以上見ているF1、コーヒー、40代の転職活動経験談、副業挑戦、日常のことや独り言等を一瞬一瞬を大切にしたいブログです。

F1 2019シンガポールグランプリ 初日解説

F1 2019シンガポールグランプリ 初日のフリー走行を観て。

 

 

メルセデス

ボッタスがスピンしてマシンを壊してしまいました。大きなダメージもなかったようでよかったです。

 

近年のタイヤが繊細で、観ててもこんなところで突然、マシンバランスを崩して、コントロールが効かなくなるなんてと思ってしまいます。

 

チームとしては、今年のマシンの課題にあげていた、低速が多いサーキットでも速いマシンを開発してきただけに、モナコ同様で強かった印象のまま、このシンガポールでもマシンが安定があり、いいコンディションで、初日を終えました。

 

フェラーリ

低速が多いサーキットを苦手にしているフェラーリのマシン。初日にしては、マシンとの相性が悪く、苦戦しているベッテルが気合いのタイムをだして、トップ3の意地を

見せています。初日はいいものの、予選、決勝にどこまで、メルセデス、レッドブルと戦えるか、注目です。

 

絶好調、エースとなったルクソールにはマシントラブルが発生。初日としては満足した結果ではなく、これからの挽回が見物です。ここからの展開が、フェラーリの真の

エースとなりえるか注目されるところです。

 

レッドブル・ホンダ

シンガポールを得意としているレッドブル。フェルスタッペンが、予想通り、順調にタイムを刻んでいます。しかし、またまた予想通りのメルセデスのタイムの良さに、レッドブル、フェルスタッペンがどこまでマシンを仕上げてくるか、楽しみです。

フェルスタッペンが、予選トップ、決勝での優勝できるか、楽しみ、注目です。

 

アルボンは、まだまだ新しいチーム、マシンになれようとしている状態。

フリー走行でも、ブレーキングでミス。限界に挑戦したのか、止まりきれず、コーナーに突っ込み、フロントウィングを壊したり。あわてず、予選、決勝にむけて準備してもらいたいと思うところです。何かやってくれそうなドライバーだけに期待です。

 

2日目、そして予選がどうなるか観ていきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ
にほんブログ村