自然体に豊かに生きる。ありのままブログ

30年以上見ているF1、コーヒー、40代の転職活動経験談、副業挑戦、日常のことや独り言等を一瞬一瞬を大切にしたいブログです。

F1 2019シンガポールグランプリ 予選を終えて勝手解説

f:id:auop1972:20190829131327j:plain

F1 2019シンガポールグランプリ 予選 勝手に解説。

 

フェラーリ ルクソールがポールポジション。予選1位となりました。

 

  • 今年のフェラーリのマシンの特性。
  • 低速コーナーが多いサーキット。

今回のようなシンガポールの市街地コースを苦手にしていました。

 

もちろん、今シーズン、日々、マシンはあたらしいパーツや形状をかえて、進化

していきます。ここシンガポールでも、フェラーリは新しいパーツを持込んできました。

 

フリー走行では、目立つことはなかったフェラーリ。

 

個人的には、予選の本番になれば、やはり、メルセデスとレッドブルの一騎打ち

になると予想していました。

 

そんなパターンになると。

 

また、ルクソールは、初日にマシントラブルを起こしていたので、予選までの調整が遅れている一台と思っていましたが。

 

勢いってすごい。

  • F1デビュー2年目。
  • フェラーリというトップチームに今年から移籍

してきたほぼ新人ドライバーです。

 

フェラーリという伝統があり、トップチームであるこのチームで堂々とした走りで、予選1位をとる。

 

まだまだこのフェラーリというチームにいる重圧を感じていないからかもしれません。

 

複雑な、たくさんのコーナーがあり、ミスをするとまわりの壁の餌食になる市街地コースで、1周の予選を完璧に走行し、予選1位をとる。

 

すばらしい限りです。近い将来、レッドブルのフェルスタッペンとともにチャンピョン争いをするドライバーになってきました。

 

決勝が楽しみです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ モータースポーツへ
にほんブログ村